タグ:青葉通りはっぴい・はっぱ・プロジェクト ( 5 ) タグの人気記事
「まちに出たアートは、人をつなぐ」の様子
b0034717_23342856.jpg2月15日から17日の「まちに出たアートは、人をつなぐ」では、「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」のアート作品を紹介しました。
b0034717_2334449.jpgひとつひとつの作品のポートフォリオや実際の作品も展示しました。
[PR]
by happyhappa | 2008-02-23 23:36 | まちに出たアート
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
アートは目に見えない糸でコミュニティーをつなぎます。
アートは見えないめがねでふだんは見えないものを発見させてくれます。
まちとアートがかかわって生まれた映像作品を連日上映、リーディング作品を上演します。
映像作品は、沖縄のコザや東京の下町で撮影した作品のほか、一番町四丁目の東一センターでの作品、そして、青葉通りのケヤキの撤去に伴うアートプロジェクトの記録映像など。
一番町四丁目で商売をしてきた人々を取材し物語として紹介するリーディング作品「一番町四丁目物語」を上演。朗読は渡辺祥子氏。
期間中、来場者のみなさんに問い札をお渡しし、お茶を飲みながらそれにお答えいただく街角問答カフェを展開します。今、まちで起こっているアートな動きが、来場者からの答えから浮かび上がります。
仕事帰りに、無料の街とアート映画館に立ち寄って、あったかドリンクを召し上がりながらお楽しみください。
はっぴい・はっぱ・プロジェクトは、青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクトの真っ最中。
http://happyhappa.org/をぜひご覧ください。
b0034717_18265391.jpg

■日程:2008年2月15日(金)-17日(日)
■場所:仙台市市民活動サポートセンター B1F市民活動シアター
■主催:はっぴい・はっぱ・プロジェクト/共催:仙台市
■入場無料(クリエイティブ・カフェだけは入場料1,000円)
■カフェ:お茶はチャリティー、ビール有料
■問い合わせ:TEL022-267-6622
[PR]
by happyhappa | 2008-02-02 18:48 | まちに出たアート
「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」webサイト公開!!
お待たせしました。
「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」
のwebサイトが、公開されました!!
b0034717_2393510.jpg
48人のアーティストによる作品をご覧下さい。映像、ダンス、音楽、絵、photo・・・・どんなアートが飛び出すか、ケヤキの木をクリックしてみてください!!
http://happyhappa.org/
[PR]
by happyhappa | 2008-02-02 18:31 | 青葉通りプロジェクト
「一番町四丁目・まちとアートの映画館」作品紹介4
b0034717_18385021.jpg■「ケヤキ並木で逢いましょう。青葉通 はっぴい・はっぱ・プロジェクト」
●撮影・構成:はっぴい・はっぱ・プロジェクト
青葉通りから撤去される44本のケヤキそれぞれに48人のアーティストと市民が、別れを告げた。ケヤキへの思いを表現した作品と、44本のケヤキの青葉通りでの最後の紅葉。はっぴい・はっぱ・プロジェクトの青葉通りでのプロジェクトを映像報告で公開。当日は作品の実物展示も!
[PR]
by happyhappa | 2008-02-02 18:08 | まちに出たアート
青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト
b0034717_1271573.jpg仙台駅から西にのびる青葉通り。
ケヤキ並木が美しい通りとして親しまれています。
2008年、春間近。44本のケヤキがこの通りに別れを告げます。
ビル街に枝を伸ばし続けて来たケヤキたち。
半世紀以上の長きにわたり、この通りを見つめてきた木もあります。
おつかれさまでした。ありがとう、さようなら。

48人のアーティストと市民が、44本の木に作品を通して別れを告げます。
44本のケヤキを守り育ててきた先人たちへの敬意をこめ、変わり行く都会の環境の中でがんばってきたケヤキたちとの別れを惜しみつつ、48人の作品をwebで公開します。

長い間生きてきた44本のケヤキの存在をアートで残すプロジェクト、それが「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」です。

もう少しお待ち下さい。
[PR]
by happyhappa | 2008-01-20 12:08 | 青葉通りプロジェクト