『植物園ART散歩 』こころが遊ぶ、東北大学植物園歩き。
『植物園ART散歩』
こころが遊ぶ、東北大学植物園歩き。
b0034717_1712327.jpg
植物園で出逢い、感じることのできる空、色、光、影やアート・・・・そんなヒントをいっぱい紹介しています。こちらもぜひご覧になり、植物園を訪れてみてはいかがですか。
はっぴ・はっぱ・プロジェクトでは、2007年5月、東北大学植物園でも「森の茶会で逢いましょう。_ 植物園はっぴい・はっぱ・プロジェクト_」を行っています。「シダレザクラ・カフェ」や「はっぴい・はっぱ 森の茶会」にたくさんの方々の参加をいただきました。ここでも、新たなつながりが見えてきました。
■価格:税込み300円
■東北大学植物園:http://www.biology.tohoku.ac.jp/garden/
[PR]
# by happyhappa | 2008-05-10 17:05 | happyhappa
『はっぴい・はっぱ・プロジェクト』プロジェクト本
『卸町本』&『植物園ART散歩』
アートでまちと人をつなぐ『はっぴい・はっぱ・プロジェクト』から待望のプロジェクト本、販売開始!
アートを通してまちの魅力を再発見し、人と人とを結ぶ活動を続けているはっぴい・はっぱ・プロジェクトから、アートなブックレットを発売!
■価格 
『卸町本』税込み500円
『植物園ART散歩』税込み300円
■取り扱い所
・仙台市市民活動サポートセンター
・せんだいメディアテーク1Fナディッフ・ビス
・『植物園ART散歩』は東北大学植物園窓口でも販売。
[PR]
# by happyhappa | 2008-05-10 16:58 | happyhappa
「ART仙台場所2008」の様子
b0034717_16422422.jpg一番町四丁目の「うわさ」を書いた吹き出しが、いたるところに!!!どんなうわさがあったのでしょう?そして「うわさバッジ」をつけた「iwalker」が、バッジを配っていました。


b0034717_1642566.jpg


b0034717_16432098.jpg


b0034717_1642099.jpg
141が動物園「仙台ZOO」に!まちではハンターがアニマル探し。


b0034717_16433563.jpg


b0034717_16423986.jpg
サイゴンからやってきたSueさんのブースでは、箱にまつわる秘密が・・・・
Sueさんのホームページ:http://hakotte.blogspot.com
[PR]
# by happyhappa | 2008-05-10 16:51 | ART仙台場所
「四丁目へぇへぇウォーキングツアー」
b0034717_1637546.jpgはっぴい・はっぱ・プロジェクト基本OSのへぇへぇウォーキングツアーを4月29日に開催しました。


b0034717_16381260.jpg「浅久」さん、「むさしや」さん、「加藤刃物店」さん、「ますや履物店」さん、「彦いち」さん、「錦章堂」さん、「さん竹」さんを廻り、一番町や店の歴史、扱っている商品についてのお話を伺いました。参加者からは思わず「へぇー」が・・・
[PR]
# by happyhappa | 2008-05-10 16:39 | ART仙台場所
ART仙台場所2008
b0034717_17123026.gif
昨年に引き続き、仙台の一番町四丁目商店街を中心に4月29日から5月6日まで仙台アートシティプロジェクト「ART仙台場所2008」が開催されました。


b0034717_16333824.jpg
一番町四丁目商店街と東一市場にあるいろいろなお店をうわさする「ふきだし」が、まち中にあふれ、141には「仙台ZOO」という動物園が出現。
また、サイゴンからSueさんが持ってきた箱と、仙台の人々が持ち寄った箱を交換し、語り合うプロジェクトやメディアテークでは、巨大紙相撲も行われました。


b0034717_16281135.jpgこの「ART仙台場所に」はっぴい・はっぱ・プロジェクトも参加し、はっぴい・はっぱ・プロジェクト「四丁目へぇへぇウォーキングツアー」を開催し"バンブラ"しました。
[PR]
# by happyhappa | 2008-05-10 16:35 | ART仙台場所
Cafeもオープン
b0034717_23484837.jpg「まちに出たアートは、人をつなぐ」では、はっぴい・はっぱ・プロジェクトのコーディネートでCafeもオープン。
b0034717_2349766.jpgコーヒーや、数種類の紅茶などを用意しました。飲み物は青葉通りのケヤキの移植の費用へのチャリティーとしました。たくさんの皆さんのチャリティーありがとうございました。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-23 23:50 | まちに出たアート
「まちに出たアートは、人をつなぐ」の様子
b0034717_23342856.jpg2月15日から17日の「まちに出たアートは、人をつなぐ」では、「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」のアート作品を紹介しました。
b0034717_2334449.jpgひとつひとつの作品のポートフォリオや実際の作品も展示しました。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-23 23:36 | まちに出たアート
「まちに出たアートは、人をつなぐ」のお礼
2月15日から17日までの3日間、開催した「まちに出たアートは、人をつなぐ」に、たくさんの方々の参加をいただき、ありがとうございました。
「まちに出たアートは、人をつなぐ」の模様は、今後このブログで紹介していきます。
青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクトのHPでは、すべての作品が公開されています。是非ご覧下さい。また、ご感想などあれば、はっぴい・はっぱ・プロジェクトまでお寄せ下さい。
今後ともよろしくお願いします。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-19 01:37 | まちに出たアート
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
アートは目に見えない糸でコミュニティーをつなぎます。
アートは見えないめがねでふだんは見えないものを発見させてくれます。
まちとアートがかかわって生まれた映像作品を連日上映、リーディング作品を上演します。
映像作品は、沖縄のコザや東京の下町で撮影した作品のほか、一番町四丁目の東一センターでの作品、そして、青葉通りのケヤキの撤去に伴うアートプロジェクトの記録映像など。
一番町四丁目で商売をしてきた人々を取材し物語として紹介するリーディング作品「一番町四丁目物語」を上演。朗読は渡辺祥子氏。
期間中、来場者のみなさんに問い札をお渡しし、お茶を飲みながらそれにお答えいただく街角問答カフェを展開します。今、まちで起こっているアートな動きが、来場者からの答えから浮かび上がります。
仕事帰りに、無料の街とアート映画館に立ち寄って、あったかドリンクを召し上がりながらお楽しみください。
はっぴい・はっぱ・プロジェクトは、青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクトの真っ最中。
http://happyhappa.org/をぜひご覧ください。
b0034717_18265391.jpg

■日程:2008年2月15日(金)-17日(日)
■場所:仙台市市民活動サポートセンター B1F市民活動シアター
■主催:はっぴい・はっぱ・プロジェクト/共催:仙台市
■入場無料(クリエイティブ・カフェだけは入場料1,000円)
■カフェ:お茶はチャリティー、ビール有料
■問い合わせ:TEL022-267-6622
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:48 | まちに出たアート
「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」webサイト公開!!
お待たせしました。
「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」
のwebサイトが、公開されました!!
b0034717_2393510.jpg
48人のアーティストによる作品をご覧下さい。映像、ダンス、音楽、絵、photo・・・・どんなアートが飛び出すか、ケヤキの木をクリックしてみてください!!
http://happyhappa.org/
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:31 | 青葉通りプロジェクト
「まちに出たアートは、人をつなぐ」プログラムの紹介1
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
■2月15日(金)
17:00-21:00「一番町四丁目・まちとアートの映画館」&街角問答カフェ
  ●上映作品1:「SECTION1-2-3」(セクション1-2-3)
    ○監督・脚本:品川亮(しながわ りょう)
  ●上映作品2:「バイ・バイ・コザ」
    ○構成・撮影:林僚児
  ●上映作品3:「東一連鎖街」
    ○構成・撮影:三浦和徳
  ●上映作品4:「ケヤキ並木で逢いましょう。青葉通 はっぴい・はっぱ・プロジェクト」
    ○撮影・構成:はっぴい・はっぱ・プロジェクト
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:21 | まちに出たアート
「まちに出たアートは、人をつなぐ」プログラムの紹介2
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
■2月16日(土)
11:00-14:00「一番町四丁目・まちとアートの映画館」&街角問答カフェ
14:00-16:00「クリエイティブカフェ仙台 vol.7」
  ●出演
    ○ニッセイ基礎研究所  吉本光宏氏
    ○(株)ジェイティービー 常務取締役 清水愼一氏
  ●主催:仙台市
  ●入場料:1,000円
EU諸国はいち早くクリエイティブシティとして、リノベーションが進んでいます。アートを都市再生の戦略として、さまざまな形で取り入れている事例をご紹介いただきながら、クリエイティブシティの可能性について話し合います。地下鉄の駅などの日常的な場でのアート展開などの事例もご紹介いただきます。
「芸術文化と社会」という分野においてさまざまな事例をご存じの吉本氏と、新しい観光の形を創り出し、交流による地域社会の活性化を実践しているJTB常務取締役の清水愼一氏のおふたりに、クリエイティブなまちの可能性についてお話しいただきます。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:19 | まちに出たアート
「まちに出たアートは、人をつなぐ」プログラムの紹介3
「まちに出たアートは、人をつなぐ」
■2月17日(日)
11:00-14:00「一番町四丁目・まちとアートの映画館」&街角問答カフェ
14:00-15:30 リーディング「一番町四丁目物語」
  ●出演:朗読家 渡辺祥子、ピアノ 高橋泉
一番町四丁目は昔ながらの商店が残る街。仙台商人たちの日々の営みには、人間ドラマが潜んでいる。四丁目の物語が、今、光を浴びる。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:17 | まちに出たアート
「一番町四丁目・まちとアートの映画館」作品紹介1
■短編映画「SECTION 1-2-3」(セクション1-2-3)/上映時間約40分
向島の路地から路地へ、シャイで寡黙な二人のスケートボーダーが滑り抜けてゆく。
「セクション」とは、スケートボーダーたちが遊ぶためのレール、ボックス、ランプといった遊具のこと。これは、まちの中で繰り返しセクションを作りながら、自分たちの“居場所”を探し続けるスケートボーダーたちの姿と移動の軌跡を通して、今この時にしか存在しない向島の風景を記録する映画です。
ロケ地として、今話題の新東京タワーの建設予定地での撮影も敢行。登場人物として地域の方々にもご出演いただいたほか、アーティストのパルコキノシタ、松蔭浩之、三田村光土里らが、いずれも一癖ある脇役を演じています。

●脚本・監督:品川亮(しながわ りょう)
月刊誌STUDIO VOICE編集長の傍ら、自主制作映画を撮り続けている。長編監督作品『亡霊極道』(ゆうばり国際フンタスティック映画祭2004参加)など。2007年2月、短編オムニバス『over8』の一作品として、「結晶都市」公開(シネマアートン下北沢)。また東映アニメーションより『画ニメ』シリーズとして、H・P・ラブクラフト原作『ダニッチ・ホラー』を監督(DVD発売中)。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:14 | まちに出たアート
「一番町四丁目・まちとアートの映画館」作品紹介2
■「バイ・バイ・コザ」/上映時間約40分
●構成・撮影:林僚児
「バイ・バイ・コザ」はコザの街で林氏が撮影した断片的な短編を編集し、集積し、全体像が浮かび上がらせる作品。ベトナム戦争のころ、沖縄市銀天街周辺は黒人街があった。そのとき少年だった、商店街の二代目のおじさんたちの脳裏に浮かぶものは映画のワンシーンのような黒人たちの影だった。アメリカ統治下にあった29年間、戦争という負の遺産を糧に栄華の極みにあった商店街。三度の世替わりを三代に渡って色濃く経験してきたコザで生まれてくるこどもたち。コザという痕跡をたたえた人たちが生きる街のさまざまな断片を紡いでいく物語。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:13 | まちに出たアート
「一番町四丁目・まちとアートの映画館」作品紹介3
■「東一連鎖街」
●構成・撮影:三浦和徳

2007年3月、東一連鎖街に入ったカメラがとらえた、たくさんの人々の人生。戦後復興の仙台にできた東一連鎖街の歴史が人々のインタビューから浮かび上がる。新バージョン・エディションでの上映。
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:11 | まちに出たアート
「一番町四丁目・まちとアートの映画館」作品紹介4
b0034717_18385021.jpg■「ケヤキ並木で逢いましょう。青葉通 はっぴい・はっぱ・プロジェクト」
●撮影・構成:はっぴい・はっぱ・プロジェクト
青葉通りから撤去される44本のケヤキそれぞれに48人のアーティストと市民が、別れを告げた。ケヤキへの思いを表現した作品と、44本のケヤキの青葉通りでの最後の紅葉。はっぴい・はっぱ・プロジェクトの青葉通りでのプロジェクトを映像報告で公開。当日は作品の実物展示も!
[PR]
# by happyhappa | 2008-02-02 18:08 | まちに出たアート
青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト
b0034717_1271573.jpg仙台駅から西にのびる青葉通り。
ケヤキ並木が美しい通りとして親しまれています。
2008年、春間近。44本のケヤキがこの通りに別れを告げます。
ビル街に枝を伸ばし続けて来たケヤキたち。
半世紀以上の長きにわたり、この通りを見つめてきた木もあります。
おつかれさまでした。ありがとう、さようなら。

48人のアーティストと市民が、44本の木に作品を通して別れを告げます。
44本のケヤキを守り育ててきた先人たちへの敬意をこめ、変わり行く都会の環境の中でがんばってきたケヤキたちとの別れを惜しみつつ、48人の作品をwebで公開します。

長い間生きてきた44本のケヤキの存在をアートで残すプロジェクト、それが「青葉通り はっぴい・はっぱ・プロジェクト」です。

もう少しお待ち下さい。
[PR]
# by happyhappa | 2008-01-20 12:08 | 青葉通りプロジェクト
クリエイティブカフェ仙台のご案内
多種多様なクリエイティブシーンに関わる人たちをゲストに迎え、仙台における芸術文化、まち、市民etc.について多角的に語り合う「クリエイティブカフェ仙台」が開催されています。突然ですが、12月6日にはっぴい・はっぱ・プロジェクトの舞台のひとつでもある卸町で開催されます。よろしければ行ってみて下さい。
■タイトル:『仙台は今エンターテインメントが熱い街』
■日時:2007年12月6日(木)19:00〜21:00
■会場:協同組合仙台卸商センター サンフェスタ・カフェ
○仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館前バス停 (駐車場もあります)
開催テーマ今、実はエンターテインメントがおもしろい。芸能人不作の土地と言われていた仙台。それは変わりつつあるのか。
■出演者 シャンソン歌手・プロデューサー浜野 ケイ子 氏
ウェルパフォーミングアーツマネジメント代表取締役曽根 隆司 氏
白Acocoona 氏
ギター演奏佐藤 正隆 氏
コーディネーターは、吉川由美さん(プロデューサー・演出家)
参加料1,000円(クリスマスにちなんだお菓子と飲物付き)定員50名
■参加申込:仙台市市民文化事業団事業課TEL022-301-7405
http://www.city.sendai.jp/shimin/bu-shinkou/aki-geizyutusai/cafe.html
[PR]
# by happyhappa | 2007-12-05 00:08 | アート情報
はっぴい・はっぱ・プロジェクト進行中。
しばらく、HPの更新をさぼっていました。ゴメンナサイ。
HPでは紹介しませんでしたが、夏には「向井山 朋子  夏の旅 シューベルトとまちの音」の仙台でのプロジェクトのサポートをしていました。
http://natunotabi.exblog.jp/
b0034717_23345066.jpg今は、「ケヤキ並木で逢いましょう。青葉通 はっぴい・はっぱ・プロジェクト」が進行中です。
仙台の青葉通りのケヤキがいよいよ44本撤去されることになりました。。今年は今の姿で紅葉が見られる最後の年になりました。はっぴい・はっぱ・プロジェクトでは、戦後まもなくここに植えられたこのケヤキたちの姿を、アートという手段で記憶に残したいと考えました。


b0034717_23362487.jpg11月17日には、ひとりでケヤキに出会うのが寂しい方のために、みんなでケヤキたちに最後の秋を楽しむ青葉通りを去るケヤキたちにさよならを告げるモーニング・セッションを開催しました。また、11月21日には「青葉通り・へぇへぇウォーキングツアー」を開催しました。東北大学植物園の鈴木三男園長のガイドで、アートな楽しいウォーキングツアーを行いました。
このもようは、次の機会に、ご報告したいと思っています。
それから、はっぴい・はっぱ・プロジェクトならでのサプライズなプロジェクトを展開中です。詳しくは、あらためて!?
※蛇足ですが、このプロジェクトはケヤキ伐採反対運動でも地下鉄建設に関わるものでもありません。ケヤキたちの最後の秋をテーマにしたアート・プロジェクトです。
[PR]
# by happyhappa | 2007-12-01 23:37 | happyhappa